モーターマガジンMovie(チャンネル登録者数12万5000人超)で長年に渡って試乗レポートを務めるモータージャーナリストの竹岡 圭さん。このコーナーでは、その中から人気の動画を逐次紹介していきます。今回は、プジョー リフター。使い勝手の良さを徹底的に追求したMPVです。(2019年10月本格導入先行特別仕様車)
画像: 【動画】竹岡 圭のクルマdeムービー 「プジョー リフター」(2020年5月放映)

圧倒される豊富な収納スペース

ミニバンの魅力とSUVの魅力、そしてワゴンの魅力を掛け合わせたMPVというのが、プジョー リフターの開発コンセプトだそうです。広々としたスペースにこれでもかこれでもかの収納スペースの多さに、竹岡圭さんは「ここまでやるとは・・・」と、降参モードでした。

搭載の1.5Lディーゼルターボもなかなかのレスポンスで、走る楽しさも備えている所がミソです。あらゆるシチュエーションに対応できるリフターは、カーライフの幅をグッと広げてくれそうです。

ちなみに今回試乗したのは、本格導入に先駆けて発売された特別仕様車「デビューエディション」です。

画像1: 圧倒される豊富な収納スペース
画像2: 圧倒される豊富な収納スペース
画像3: 圧倒される豊富な収納スペース
画像4: 圧倒される豊富な収納スペース
画像5: 圧倒される豊富な収納スペース
画像: 竹岡 圭の今日もクルマと・・・プジョー リフター【PEUGEOT RIFTER】 youtu.be

竹岡 圭の今日もクルマと・・・プジョー リフター【PEUGEOT RIFTER】

youtu.be

■プジョー リフター デビューエディション 主要諸元

●全長×全幅×全高=4405×1850×1890mm
●ホイールベース=2785mm
●車両重量=-
●エンジン= 直4 DOHCディーゼルターボ
●総排気量=1498cc
●最高出力=130ps/3750rpm
●最大トルク=300Nm/1780rpm
●駆動方式=FF
●トランスミッション=8速AT
●車両価格(税込)=336万円

This article is a sponsored article by
''.