モーターマガジンMovie(チャンネル登録者数13万3000人超)で長年に渡って試乗レポートを務めるモータージャーナリストの竹岡 圭さん。このコーナーでは、その中から人気の動画を逐次紹介していきます。今回は、ダイハツからデビューしたユニーク軽SUVタフトの紹介です。(2020年6月ブランニュー)
画像: 【動画】竹岡 圭のクルマdeムービー 「ダイハツ タフト」(2020年8月放映)

開放感あふれる「スカイフィールトップ」を標準装備

「ザ・SUVといったフォルムですね」。ダイハツ新型タフトと対面して最初に竹岡圭さんが発した言葉です。軽自動車ながら、なんか逞しさを感じるフォルムです。

インテリアも使いやすさをメインとしたいたってシンプルなデザインとなっています。といっても遊び心を忘れているわけではありません。「スカイフィールトップ」と呼ばれるルーフが標準装備されています。

「空を感じる」から付けられた名前の通り、開放感あふれるものです。しかも、全グレードに標準装備となります。「スカイフィールトップ」はタフトの代名詞と言ってもいいかもしれません。

パワーソースはNAとターボの2種類でミッションはCVT。どちらもFFと4WDが選択できます。

画像1: 開放感あふれる「スカイフィールトップ」を標準装備
画像2: 開放感あふれる「スカイフィールトップ」を標準装備
画像3: 開放感あふれる「スカイフィールトップ」を標準装備
画像4: 開放感あふれる「スカイフィールトップ」を標準装備
画像5: 開放感あふれる「スカイフィールトップ」を標準装備
画像: 竹岡 圭の今日もクルマと・・・ダイハツ タフト youtu.be

竹岡 圭の今日もクルマと・・・ダイハツ タフト

youtu.be

■タイハツ タントGターボ主要諸元

●全長×全幅×全高=3395×1475×1630mm
●ホイールベース=2460mm
●車両重量=840kg
●エンジン=直3ターボ
●総排気量=658cc
●最高出力=64ps/6400rpm
●最大トルク=100Nm/3600rpm
●駆動方式=FF
●トランスミッション=CVT
●車両価格(税込)=160万6000円

This article is a sponsored article by
''.