モーターマガジンMovie(チャンネル登録者数14万7700人超)で長年に渡って試乗レポートを務めるモータージャーナリストの竹岡 圭さん。このコーナーでは、その中から人気の動画を逐次紹介していきます。今回の試乗は、4L V8 DOHCツインターボエンジン搭載のベントレー コンチネンタルGT V8です。(2017年12月FMC、2021年4月車種追加)
画像: 【動画】竹岡 圭のクルマdeムービー「ベントレー コンチネンタルGT V8」(2021年5月放映)

走りもさることながら、内外装の「美」に瞠目

今回はラグジュアリーさとスポーティさが高次元で融合したベントレーコンチネンタルGT V8の試乗です。もうひとつの6L W12 DOHCツインターボモデルにも試乗したことのある竹岡圭さんですが、4L V8 DOHCツインターボモデルとの違いをどのように感じたのでしょうか。

走りへのチェック以外にも、内外装のデザインや装備についても丁寧に解説しています。特に彼女が注目したのが、独自のスーパーフォーミング技術による複雑かつ美しいスタイリングの実現と、操作系に施されたジュエリーのようなダイヤモンドナーリング(オウトツ加工)装飾、シートにあしらわれたダイヤモンドインダイヤモンドと呼ばれる712のステッチです。

確かに眺めているだけでため息が出てきそうです。動画でごゆっくりとご鑑賞ください。

画像1: 走りもさることながら、内外装の「美」に瞠目
画像2: 走りもさることながら、内外装の「美」に瞠目
画像3: 走りもさることながら、内外装の「美」に瞠目
画像4: 走りもさることながら、内外装の「美」に瞠目
画像5: 走りもさることながら、内外装の「美」に瞠目
画像: 竹岡圭の今日もクルマと【ベントレー コンチネンタル GT V8】はスポーティさとエレガントさとのバランスが優れたモデル youtu.be

竹岡圭の今日もクルマと【ベントレー コンチネンタル GT V8】はスポーティさとエレガントさとのバランスが優れたモデル

youtu.be

ベントレー コンチネンタルGT V8 主要諸元

●全長×全幅×全高:4880×1965×1405mm
●ホイールベース:2850mm
●車両重量:2200kg
●エンジン:V8 DOHCツインターボ
●総排気量:3996cc
●最高出力:404kW(550ps)/5750-6000rpm
●最大トルク:770Nm/2000-4500rpm
●トランスミッション:8速DCT
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:プレミアム・90L
●WLTPモード燃費:8.8km/L
●タイヤサイズ:前265/45R20、後295/40R20
●車両価格(税込):2690万円

This article is a sponsored article by
''.