ホリデーオート6月号の特集は「GT AGAIN!」。クルマ好きの心を熱くした「GT」の過去、現在、そして未来を一挙に解説している。ここでは、その中の「日本のGTインプレダイジェスト」の記事を特別にピックアップしてお届けしよう。今回は、1985年、フルタイム4WD+DOHCターボの組み合わせで、国内外のラリーシーンで大活躍を見せた「ファミリア4WD・DOHCターボGT-X」だ。詳しくは現在発売中のホリデーオート6月号をご一読のほど!

画像: 日本のGTインプレダイジェスト。ファミリア4WD・DOHCターボGT-X【1985年10月登場】

140psターボは1.6Lクラス国内最強!

ファミリア4WDは、とくにサスペンションの良さが光った。剛性感があって前後のロールバランスも実に見事だ。気になるアンダーステアも小さく、小気味良いレスポンスを示すポテンザRE86とのマッチングも申し分ない。とにかくアクセルを踏み込んでいる限り強烈なトラクションがボディを引っ張ってくれる。ベースモデルの血統を受け継いだ高いシャシ性能は、4WDの機能をいかんなく発揮させるのに大きく貢献している。140psのB6型エンジンはもちろんクラス最強。高回転でのパンチ力とレスポンスはかなりドラマチックで、いかにもターボ車を操っている気にさせてくれる(ホリデーオート1985年12月10日号より抜粋)

全長×全幅×全高:3990×1645×1355mm
ホイールベース:2400mm
重量:1090kg
エンジン:B6型・直4DOHCターボ・1597cc
最高出力:140ps/6000rpm
最大トルク:19.0kgm/5000rpm
サスペンション形式(前/後):ストラット/ストラット

画像: GT-Xは国内初のフルタイム4WDと1.6ℓDOHCターボを組み合わせる。欧州ラリーに参戦し好結果を残した。

GT-Xは国内初のフルタイム4WDと1.6ℓDOHCターボを組み合わせる。欧州ラリーに参戦し好結果を残した。

ホリデーオート 2018年 6月号
3号連続特別付録 第1巻『昭和の名車図鑑』(昭和35年~45年)付き
販売価格(税込): 490 円

画像: ホリデーオート 2018年 6月号 3号連続特別付録 第1巻『昭和の名車図鑑』(昭和35年~45年)付き 販売価格(税込): 490 円

【総力特集】
『GT AGAIN!』
~GTをもう一度
○34年ぶりのソアラ再考
○追憶のレパード物語
○日本の美クーペ
・レクサスLCは現代のソアラだ!
○俺たちのGTを支えたパワーユニット
・日産L型6気筒vsトヨタDOHC
○一度は乗ってみたかった!忘れえぬGT
・AE86レビン / トレノ
・レガシィ・ツーリングワゴンGT
・マークⅡ2000GT ツインターボ
・セドリック / グロリア Gran Turismo (Y31~Y32)
○再評価したい、あのGTたち
・トヨタ カローラレビン GT-Z
・トヨタ カリーナ GT
・トヨタ カローラ GT
・トヨタ カルディナ GT-FOUR
・トヨタ MR2 G
・スズキ カルタス GT-i
・スズキ フロンテ GT-W
・三菱 ミラージュ 1600GT
・三菱 ミニカ スキッパー GT
○広告に見る「スカG」モテ神話
○古今東西GTコボレ話
・初めてGTを名乗ったクルマと言えば?
○世界の“美”GTカーを愛でる
・日米欧の華麗なクルマたち
○GTを感じる“ちょっと”良いモノSELECTION
○日本のGTインプレダイジェスト
○トヨタvs日産vsホンダ
・3メーカースーパーGTマシン ガチ対決再び《別冊付録》
○その他、特集、連載記事満載

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.