YouTubeチャンネル「モーターマガジンMovie」(チャンネル登録者数15万人超)の「竹岡圭の今日もクルマと」コーナー。ここで掲載している動画の中から、毎回人気の試乗動画を紹介していきます。今回は、2代目へと進化した「三菱 アウトランダー PHEV」の登場です。(2021年10月FMC
画像: 【動画】竹岡圭の今日もクルマと「三菱 アウトランダー PHEV」(2021年11月放映)

7つのドライブモードで多種多様な走りをエンジョイ

三菱のプラグインハイブリッド車で、クロスオーバーSUVの「アウトランダーPHEV」が9年ぶりのフルモデルチェンジをうけ、2代目へと新たな一歩を踏み出しました。まっさらのニューモデルなので語るところがたくさん、ということで竹岡圭さんはエクステリアからインテリア、走破性、使い勝手、インフォテイメントなどなど、多岐にわたり丁寧に説明を行っています。

ちなみに、新型の開発コンセプトは「威風堂々」。三菱のフラッグシップモデルにふさわしいと思いませんか?

数多い見どころの中で、ここでは7つのドライブモード、「ノーマル」「エコ」「パワー」「ターマック」「グラベル」「スノー」「マッド」についての紹介をしていきます。

通常モードの「ノーマル」をベースに、環境に優しく経済性重視の「エコ」と加速性能を楽しめる「パワー」は、運転スタイルで選ぶモードになります。舗装路向きの「ターマック」、未舗装路向きの「グラベル」、雪道向きの「スノー」、泥濘などの悪路向き「マッド」は、路面状況で選ぶモードです。

フロアコンソール上のドライブセレクターのダイヤルを右に回すだけと、操作が簡単なのもいいですね。そして、ドライブセレクターの中央には、下り坂での安心を提供する「ヒルディセントコントロール」スイッチも用意されています。

今回のレポートでは、「グラベル」モードでのテストを行っていますので、その効果のほどをしっかりと確かめられますよ。

さっそく動画をお楽しみください。

画像1: 7つのドライブモードで多種多様な走りをエンジョイ
画像2: 7つのドライブモードで多種多様な走りをエンジョイ
画像3: 7つのドライブモードで多種多様な走りをエンジョイ
画像4: 7つのドライブモードで多種多様な走りをエンジョイ
画像5: 7つのドライブモードで多種多様な走りをエンジョイ
画像: 【竹岡圭の今日もクルマと】SUVを超えた走り!三菱アウトランダーPHEV youtu.be

【竹岡圭の今日もクルマと】SUVを超えた走り!三菱アウトランダーPHEV

youtu.be

三菱 アウトランダー PHEV P(7人乗り) 主要諸元

●全長×全幅×全高:4710×1860×1745mm
●ホイールベース:2705mm
●車両重量:2110kg
●エンジン:直4 DOHC+2モーター
●総排気量:2359cc
●最高出力:98kW/5000rpm
●最大トルク:195Nm/4300rpm
●モーター最高出力:前ト85kW、後100kW
●モーター最大トルク:前255Nm、後195Nm
●トランスミッション:−
●駆動方式:電気式4WD
●燃料・タンク容量:レギュラー・56L
●WLTCモード燃費:16.2km/L(ハイブリッドモード)
●タイヤサイズ:255/45R20
●車両価格(税込):525万0700円

This article is a sponsored article by
''.