「モーターマガジンMovie・竹岡 圭の今日もクルマと」の中から、毎回人気の試乗動画を紹介するこのコーナー。今回は、2代目へと進化した三菱のプラグインハイブリッド「アウトランダーPHEV」の登場です。(2021年12月FMC)
画像: 【動画】竹岡圭の今日もクルマと「三菱アウトランダーPHEV」(2022年2月放映)

先進の運転支援システムを雪上でテスト

三菱SUVの屋台骨を担うプラグインハイブリッドモデル「アウトランダーPHEV」の登場です。2021年12月にフルモデルチェンジ(FMC)が行われ2代目となりましたが、そのデビュー間もないころに試乗を行いました。

といっても、ただの試乗ではありません。2022年2月の放映ということもあり、雪上で行われています。梅雨の季節となり、ちょっと鬱陶しげな思いの方も多いかと思いますが、雪原を豪快に走る「アウトランダーPHEV」の姿は、きっと清々しい気分にしてくれるんじゃないでしょうか。

ところで、なぜ雪上を選んだのでしょうか。それは、「アウトランダーPHEV」のフルモデルチェンジを機にモーターのパワーがアップされた新「S-AWC(Super All Wheel Control)」の性能を試したかったからです。前後に搭載されたモーターは、前後駆動力とブレーキ制動力を巧みに制御する「S-AWC」の要です。パワーアップによる効果を竹岡 圭さんは感じることができたのでしょうか・・・。

「ノーマル」「パワー」「エコ」「ターマック」「グラベル」「スノー」「マッド」の7つのドライブモードが用意され、走行シーンに合わせての選択肢が多いのも、「アウトランダーPHEV」の魅力のひとつです。ダイヤル操作で、簡単に好きなドライブモードを選べるところもイイですね。

雪道ということで、彼女は「スノー」「マッド」「ターマック」の順で、その違いをチェックしています。ワンペダル操作ができる「イノペーティブペダルオペレーションモード」との併せえ技も試みていますが、その辺りもこの動画のチェックポイントです。「アウトランダーPHEV」の底力を感じることができると思いますよ。

画像1: 先進の運転支援システムを雪上でテスト
画像2: 先進の運転支援システムを雪上でテスト
画像3: 先進の運転支援システムを雪上でテスト
画像4: 先進の運転支援システムを雪上でテスト
画像5: 先進の運転支援システムを雪上でテスト

三菱アウトランダーPHEV P(7人乗り)主要諸元

●全長×全幅×全高:4710×1860×1745mm
●ホイールベース:2705mm
●車両重量:2110kg
●エンジン:直4DOHC+モーター
●総排気量:2359cc
●最高出力:98kW(133ps)/5000rpm
●最大トルク:195Nm/4300rpm
●モーター最高出力:前85kW、後100kW
●モーター最大トルク:前255Nm、後195Nm
●トランスミッション:ー
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:レギュラー ・56L
●WLTCモード燃費:16.2km/L
●タイヤサイズ:255/45R20
●車両価格(税込):532万0700円

画像: 【竹岡圭の今日もクルマと】三菱アウトランダーPHEVの進化したS-AWC & SNOWモードを雪上で検証! youtu.be

【竹岡圭の今日もクルマと】三菱アウトランダーPHEVの進化したS-AWC & SNOWモードを雪上で検証!

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.